Golf Style WEB :: 本誌に載り切らないレアな情報も多数お届け!! [本の発売日は偶数月の5日です]

GS SPECIAL

日本アマチュア選手権, 編集部のウェブコラム

Vol.24 :: 2017日本アマ優勝・大澤和也「勝者の足跡」

ウェブコラム Vol.6 2017日本アマ優勝・大澤和也 「勝者の足跡」

今年の日本アマは、大学生同士の優勝争いを制した、3年生大澤和也が102回日本アマチャンピオンの称号を手にした。ボールがすっぽり隠れるくらい伸ばされたラフを回避した徹底したコースマネジメントを貫き、自分のプレーに徹した大澤。最後はそのクレバーなゴルフが、我慢比べに打ち勝つ原動力となった。そんな今年のチャンピオン大澤和也の優勝までの道のりを振り返ってみたい。


2014 2014club 2014swing 日本アマ初出場は、栄徳高校(愛知県)3年の2014年。同年代の中部地区には白石大和(現・大阪学院大3年)や、小木曽喬(プロゴルファーで現・福井工大3年)ら実力者が名を連ねる中、中部アマを7位タイで通過し、初めて日本アマに出場。その年の日本アマを制したのは、小木曽喬だった。大澤は予選落ち、まだトップには大きな開きがあった。


2015 2014club 2015swing 日大へ進学し、臨んだ日本アマは100回記念大会。小木曽が中部アマを優勝し、大澤は8位タイだったが、日本アマで小木曽はプレーオフの末、マッチプレーに進出できなかった。一方の大澤は、予選49位タイでマッチに進出し、1回戦で星野陸也(現ツアープレーヤー)に勝利し、ベスト32に入っている。大学に入り、着実にレベルアップを感じさせてくれた年だった。


2016 2016club 2016swing 大学2年のこの年。中部地区で頭角を現してきたのが、同じ日大の今野大喜だった。彼が中部アマを制し、友達という仲でありながら、お互いが刺激しあう身近なライバルという関係になっていったようだ。3回目の出場となった日本アマは、この年からストロークプレーに。決勝ラウンドに2打及ばず予選落ちを喫した。その後、全日本大学・高校ゴルフ対抗戦で、初めての全国規模の個人タイトルを獲得。高校生の台頭著しい中、徐々に自信を持ち始めていた。


2016 2016club 2017swing そして今年。実は日本アマの前日に、日大ゴルフ部のコーチに「今年、調子が良い選手は?」という質問をしていた。その返答は「今野と大澤ですかね」というものだった。大澤は今年に入ってメキメキと実力をつけていて、6月中旬の全国大学ゴルフ対抗戦で日大は2位に入り、チームでは大澤が最も成績が良かったのだ。そうして挑んだ日本タイトル。彼の優勝はフロックではなく、積み重ねてきたものが実となった必然と言えるだろう。10月には、初めての日本オープンがある。過酷なコースセッティングに彼がどのように挑むのか、今から楽しみでならない。


Result 2012-2017
学年 大会名 成績 優勝者 または2位
大学3年 2017 日本アマチュアゴルフ選手権競技 優勝 中島 啓太、砂川 公佑、
今野 大喜
中部アマチュアゴルフ選手権 5位 青山 晃大
大学2年 2016 日本学生ゴルフ選手権 14位T 阿久津 未来也
全日本大学・高校ゴルフ対抗戦 優勝 植木 祥多
日本アマチュアゴルフ選手権競技 CUT(73位T) 亀代 順哉
中部アマチュアゴルフ選手権 11位T 今野 大喜
大学1年 2015 日本学生ゴルフ選手権 22位T 長谷川 祥平
日本アマチュアゴルフ選手権競技 ベスト32 金谷 拓実
中部アマチュアゴルフ選手権 8位T 小木曽 喬
高校3年 2014 日本ジュニアゴルフ選手権 26位T 片岡 尚之
全国高校ゴルフ選手権 44位T 徳光 祐哉
日本アマチュアゴルフ選手権競技 CUT(119位T) 小木曽 喬
中部アマチュアゴルフ選手権 7位T 白石 大和
高校2年 2013 日本ジュニアゴルフ選手権 7位T 和田 章太郎
全国高校ゴルフ選手権 60位T 平石 健太
日本アマチュアゴルフ選手権競技 大堀 裕次郎
中部アマチュアゴルフ選手権 2位T 小木曽 喬
高校1年 2012 日本ジュニアゴルフ選手権 小西 健太
全国高校ゴルフ選手権 勝亦 悠斗
日本アマチュアゴルフ選手権競技 小袋 秀人
中部アマチュアゴルフ選手権 岩渕 隆作
(2017.08.30)

PGAプレイヤー, ギア特集, 編集部のウェブコラム

Vol.23 :: 気になるユーティリティ、見つけました! 「ツアープロのクラブ特集で、何だかよく見かけるこのUT!」

ウェブコラム Vol.20 ウェブコラム Vol.20 今年、ゴルフスタイルの特集で掲載したPGAツアーや、日本ツアーのクラブセッティングから、気になるクラブを発見した。ウッド系のユーティリティで、タイトリストの915H、キャロウェイ・ビッグバーサアルファ815の2モデルだ。どちらも2015年モデルだが、なぜこのクラブの使用率が高いのだろうか?  まず2つのモデルを見比べてみると、形状的にとても似ていることが分かるだろう。顔はもちろんだが、フェースの厚み、ヘッドサイズなど、酷似している点が多い。ツアープロが望む形状だと言えるだろう。では、なぜ最新モデルではなく、このモデルなのだろうか? タイトリスト915H

まずはタイトリスト915H。ドライバーや3Wが低スピン傾向になるなか、ロングショットでグリーンを狙えるクラブとなるとこのUTになるのだが、915Hは弾道が高く、ややスピンも多めのタイプだ。ボールも低スピン化が進み、いざグリーンオンさせるためには、クラブでスピンを与えることが必要になる。大き過ぎず小さ過ぎないサイズ。それでいて重心もある程度浅めに設定されているので、高低のコントロールができるUTなのだ。使い勝手のよいUTなると、この915Hになる訳だ。

シーウー・キム / テーラーメイドM1 440     ジム・ハーマン / テーラーメイドM1 460

一方のキャロウェイ・ビッグバーサアルファ815は、タイトリストとは少し特徴が違う。低スピン系のドライバーからの流れを汲んだ、飛び系のUTにカテゴリーされる。男子プロは18度を5W代わりに使い、女子プロは20度、23度を選ぶパターンが多い。やはり距離を求めた選択で、女子では高さを出せるロフトのある番手が使える条件のようだ。2モデルとも同じ形状だが、性能は真逆。求める弾道が何かで、選ぶクラブが変わってくるということだ。

キャロウェイ・ビッグバーサアルファ815ユーティリティ

ユーティリティに何を求めているのか。飛び? ロングショットでグリーンオン? 使い勝手? それによって選ぶモデルは変わってくる。今回ピックアップした2モデルは、その代表的な例として、参考にしてもらいたい。    
(2017.07.02)

PGAプレイヤー, ギア特集, 編集部のウェブコラム

Vol.22 :: PGAツアーで流行のギア 「ショートネックマレット パター」&「Lowスピンシャフト」

ウェブコラム Vol.20 Vol.22 :: PGAツアーで流行のギア 「ショートネックマレット パター」&「Lowスピンシャフト」
読者の皆さま、発売中の最新号「ゴルフスタイルVol.92」、2017 PGAツアークラブ大図鑑をお楽しみいただけていますでしょうか。この特集号は1年間楽しめる保存版の一冊! 個人的にもマスターズでは楽しく活用させていただきました。196名のクラブを細かく見ていると、今年のギアの傾向が見えてくると思います。そこで編集部がピックした今年の人気ギアを紹介!!

ショートネック・マレットパターが熱い! 元々、ジェイソン・デイら数人が使用していたショートネック・マレットパターだが、ジェイソンに続いて、現世界ランク1位のダスティン・ジョンソンも同タイプのパターを使用し、みるみるランキングを上げていった。モデルは、テーラーメイド・スパイダーツアーレッドとスパイダーツアーブラック。

ショートネック・マレットパターが熱い!

ベントシャフト、センターシャフトのパターはフェースバランスだが、このショートネックは、若干トゥ側が下がるため、フェースローテーションが必要となるタイプだ。一般的なブレードタイプを使用する選手の「もう少し方向性を安定させたい。だけど、自分でアジャストする幅もほしい」という要望を適えたという訳だ。実際に使ってみると分かるが、決してやさしいマレットパターではない。だが、こういうパターをPGAツアープレーヤーは求めているということが分かるだろう。

ショートネック・マレットパターが熱い!
    まだまだ続く「低スピン」傾向 飛距離に対する開発ベクトルは年々加速しているように見える。ドライバーやFWの重心構造から始まり、次はボールの低スピン化。そして、今年のPGAツアー取材で感じたのは、ウッド系シャフトに対しても、低スピン傾向を強めたモデルが登場し、それに人気が集まっていること。代表的なモデルは、アルディラROGUEツアーシルバーだ。低弾道・低スピン特性で、昨年一気にツアーナンバー1まで登り詰めたシャフトだ。これだけ偏った特性のシャフトが登場したのも、クラブヘッドでのロフトや重心コントロールが可能になったことが大きい。今年もROGUE人気は根強い。

まだまだ続く「低スピン」傾向
[ALDILA ROGUE TOUR SILVER]

そして、プロジェクトXのHZRDUS(ハザダス)シリーズからさらにスピンを減らしたT1100が登場し、このモデルにもツアープロはすぐに飛びついたのだ。特性的にはROGUEと同じく低弾道低スピンタイプ。余計な挙動はせずに自分のパワーをそのままボールにぶつけたいPGAツアープロにとって弾き、粘りという要素はとくに必要ないのかもしれない。一般的には参考にならないかもしれないが、これが世界最高峰のギアに対する捉え方なのだ。

まだまだ続く「低スピン」傾向
[PROJECT X HZRDUS T1100]

   
(2017.04.30)
1 2 3 4 5 6 7 8

Gsオリジナル 最高級シープスキングローブが大好評!! NEW!!



2年購読でゲット! それとも、まとめ買いでお得にゲット!
GSオリジナルシープスキングローブが大好評!!

AAキャブレッタレザー採用グローブ! アスリート御用達のオリジナルグッズ「第3弾! GSオリジナル・シープスキングローブ」が大好評を頂いております。
厳選した最高級羊革素材に独自の特殊加工を施すことにより極上のフィット感を達成。従来の天然皮革グローブに比べ、高いグリップ力と耐久性を合わせ持つキャブレッタレザーグローブです。

●素材: キャブレッタ・シープスキン(最高級羊革) AAグレード
●サイズ: 21,22,23,24,25cm(左手用 ※右利き用のみ)

> 2年定期購読お申し込みでもれなくプレゼント!!
> 単品・[お得な]セット販売も開始致しました!!

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

ユーザー登録

最新号 Vol.95 10月5日発売!!

Golf Style(ゴルフスタイル) Vol.95 2017.11号

PGAツアー・チャンピオンズが日本にやって来た!! 53名の達人が選んだCLUBたち


ゴルフスタイル:Facebookページ

PremiumShop商品カテゴリー

メーカーサイトリンク

AKIRA Aloha Standard
ASAHI GOLF UST Mamiya
DUNLOP FootJoy
Fourteen Fujikura
GRAPHITE DESIGN MITSUBISHI RAYON
OLYMPIC ONOFF
PRGR SYB
Titleist TOUR STRIKER
HUMP BACK LONGIRON