Golf Style WEB :: 本誌に載り切らないレアな情報も多数お届け!! [本の発売日は偶数月の5日です]

GS SPECIAL

ギア特集, 編集部のウェブコラム

Vol.21 :: ツアーボール戦国時代!!

ウェブコラム Vol.20 ウェブコラム Vol.21
タイトリストのプロV1と言えば、ツアーシーンだけではなく、市場でも人気を博す、モンスターモデルだ。そのV1のリニューアルが今年。このタイミングに合わせるかのように、各社が対抗モデルをリリースし、ツアーシーンはまさにツアーボールの戦国時代となっている。どのメーカーが生き残り、王者の使用率を奪い取ることができるのか。各社の開発アプローチや独自性を見てみると、かなり面白い。ざーっと、各メーカーのニューボールの特長をおさらいしたい。   Titleist PRO V1 / PRO V1x Titleist PRO V1 / PRO V1x

スピン系のV1、ディスタンス系のV1xという大きな枠組みは変わらないが、今回のリニューアルでの変化は、V1がV1xに近づいたようなイメージだ。フィーリングはこれまで通りソフトなV1らしさのまま、スピン量が抑えられているのか、ツアープロでもXからスイッチしている選手もいる。これは、気になる変化だろう。     SRIXON ZSTAR / ZSTAR XV SRIXON ZSTAR / ZSTAR XV

昨年、PGAツアーでV1に続く2位のシーズン使用率を獲得したスリクソン。飛距離性能とスピン性能には定評があるが、今回はそれぞれのフィーリングはそのままながら、横風の影響を受けにくくなっているとか。悪条件でのパフォーマンスはツアーボールとしての必須要素。安定した使用率に裏付けされる性能だ。     TaylorMade TP5 / TP5x SRIXON ZSTAR / ZSTAR XV

独自特許の5ピース構造を採用したテーラーメイドのニューモデル。いよいよこの構造も熟成したと感じさせるのが、V1、V1xを超えるためにプロトタイピングを繰り返して、高弾道で最高到達点の手前で失速せずに伸びていく部分だろう。ドライバー、ミドルアイアンの飛距離が伸び、ショートアイアンでは飛距離は変わらず、スピンの効いた弾道となる。     TaylorMade TP5 / TP5x SRIXON ZSTAR / ZSTAR XV

タイガー・ウッズが契約フリーになり、最初に契約したギアがこのツアーB330Sだ。ケガからの復帰に向けて調整する中で、全メーカーのボールをテストして選んだのがこのモデルだ。同社契約のブライソン・デシャンボーもタイガーと同じモデルを使用する。彼は他メーカーも含めた球体の歪みチェックの上で、このボールを選んだという。    Callaway CHROME SOFT / CROME SOFT X Callaway CHROME SOFT / CROME SOFT X

キャロウェイのツアーボールのコンセプトは、モデル名の通りソフトフィーリング。柔らかい打感ながら初速を落とさずに飛距離性能が高められている。恐らく、ミケルソンらキャロウェイのスタッフプレーヤーの好みが多く反映されているのだろう。ソフトながら芯の感じられるXとの2モデル展開だ。 


タイトリストとしては、これだけ多くの使用プロがいることもあり、リモデルのタイミングでもそれほど大きく変化させることはできない。選手としては変わらないことがタイトリストだと感じているからだ。そんな王者に対抗すべく、他の4メーカーは新しい技術を盛り込み、飛距離性能とスピン性能という相反する要素を高い次元で融合させようとしている。この図式もまた面白い。  
(2017.03.17)

PGAプレイヤー, ギア特集, 編集部のウェブコラム

Vol.20 :: 2017 PGAツアーで早速話題の最新ギアは、これだ! 「最新ドライバーが熱い!!」

ウェブコラム Vol.20 ウェブコラム Vol.20 読者の皆様、遅くなりましたが、本年もゴルフスタイルをよろしくお願い致します。今年も、GS独自の視点で、クラブを追いかけて、ゴルファーの方々のゴルフスタイルにちょっとしたスパイスを与えられるように、頑張っていきたいと思っております。 そんな訳で、次号2月発売号は、例年通り「新春PGAツアー特集」を予定していますが、その取材で見つけた、注目のギアをご紹介したいと思います。 といっても、もうすでにゴルフスタイル読者であれば、当然情報をキャッチしているモデルだと思います。 テーラーメイド、キャロウェイ、タイトリストのドライバーニュードライバー。果たして、PGAツアーを席巻し、市場でも評価を得るのはどのドライバーなのでしょうか。じっくり写真でご覧下さい。 シーウー・キム / テーラーメイドM1 440
シーウー・キム / テーラーメイドM1 440

クリックして拡大

    ジム・ハーマン / テーラーメイドM1 460
ジム・ハーマン / テーラーメイドM1 460

クリックして拡大

    ブライアン・スチュアード / キャロウェイGBB EPIC
ブライアン・スチュアード / キャロウェイGBB EPIC

クリックして拡大

    ブレンダン・グレイス / キャロウェイGBB EPIC SUB ZERO
ブレンダン・グレイス / キャロウェイGBB EPIC SUB ZERO

クリックして拡大

    チャーリー・ホフマン / タイトリスト917D2
チャーリー・ホフマン / タイトリスト917D2

クリックして拡大

   
(2017.01.23)

ギア特集, 編集部のウェブコラム

Vol.19 :: アイアンのシャフトに何を選ぶ!? スチールか? カーボンか? それとも!?

ウェブコラム ウェブコラムVol.19 毎年ウッドのカーボンシャフトのニューモデルがリリースされる一方で、アイアン用シャフトは、そのスパンが長い。アイアンは飛ばすクラブではなく、狙うクラブという特性上、シャフトに特別な性能を持たせることは少ないからだろう。替えることも少ないし、ゴルファーによっては最初に装着しているシャフトから替えていないという人もいるだろう。 最初のシャフトが自分に合っていなくても、合わないのは自分の技量が足りないからと、そのシャフトに合わせて四苦八苦しているゴルファーは決して少なくない。逆に、アイアンのシャフトを変更して劇的に精度が上がったというゴルファーもいるだろう。合う合わないの差は、ウッドほど出にくいのが、アイアンシャフトの落とし穴なのだ。この機会に自分に合ったアイアンシャフトを考えてみてはいかがでしょうか。 Dynamic Gold 言わずと知れたスチールスタンダードと言えば、このDGだ。手元調子のタイミングのとりやすさと独特の粘り感が、最大の特徴。ゴルファーのスイングを選ばず、高さを抑えたい時や、上げたい時にも素直に反応してくれる。 重量のバラつきは"しょうがない"要素だったが、誤差を±0.5gというツアーイシューモデルの登場で、重量による問題もなくなった。 Dynamic Gold NS PRO MODUS SERIES 重量帯のスチールシャフトとして日本シャフトから登場したのが、このモーダスシリーズだ。今では「TOUR 120」「SYSTEM3 TOUR125」「TOUR 130」「TOUR 105」の4機種がラインナップ。 大まかな特性としては、 中間部がしなる「120」。 DGの粘り感をNS流に作り上げた「システム3」。 中間部が硬く、先端剛性を抑えた強弾道低スピンタイプの「130」。 軽量で直進性と距離が特徴の「105」。 自分のフィーリングに合わせたモデルを選びたい。 NS PRO MODUS SERIES FST KBS TOUR ライフルシャフトを考案したキム・ブレーリーが立ち上げたKBSシャフト。ライフルはノンステップだが、このKBSはステップタイプ。手元のパワーを自然なしなりで先端に伝える性能で、飛距離重視ではなく、高い弾道が特徴。 FST KBS TOUR FST KBS TOUR C-TAPER KBSシャフトの中で、唯一のノンステップモデルがこのCテーパー。低スピンと低めの弾道が特徴で、やはりライフル・プロジェクトXのような特性だ。距離を稼ぎつつも、目線の高さで狙っていきたいゴルファーにはお勧めだ。 FST KBS TOUR C-TAPER GRAPHITE DESIGN GRAPHITE DESIGN MITSUBISHI RAYON MITSUBISHI RAYON カーボンシャフトも選択肢として入れておきたい。一般的に重量帯のカーボンシャフトは、スチールと比べてバランスが出にくいため、意外とハードな印象だと感じるかもしれない。アイアンの長さではドライバーなどとは異なり、全体のしなりを感じにくい。もちろんポジティブな要素もあり、衝撃を吸収するため手に伝わる打感はマイルド。カーボン特有のトルク(ねじれ)や、同じ重量のスチールよりもフレックスを上げることができる。ボールをつかまえながらも曲げたくないというゴルファーに使用者が多いのも、そんな理由からだろう。 FUJIKURA MCI カーボンシャフトの先端に金属をコンポジットすることで、スチールシャフト並みのバランスでクラブを組めるようになった、画期的なモデルだ。もちろん特性はカーボンシャフトなので打ちやすさ、ボールの拾いやすさは健在。最も重いモデルは120g。重量を感じながら、パリパリした硬さや振りにくさを感じないことがMCIの良さだろう。 FUJIKURA MCI AEROTECH STEEL FIBER カーボンの芯に、極細のスチール繊維を巻きつける構造で、カーボン特有の弾き感とスチールの安定した方向性を感じられるシャフトです。これまでのハイブリッドシャフトとはちょっと違う。値段も高いですが、飛距離と方向性を体感できるシャフトと言えるでしょう。 AEROTECH STEEL FIBER
(2016.10.30)
1 2 3 4 5 6 7 8

Gsオリジナル 最高級シープスキングローブが大好評!! NEW!!



2年購読でゲット! それとも、まとめ買いでお得にゲット!
GSオリジナルシープスキングローブが大好評!!

AAキャブレッタレザー採用グローブ! アスリート御用達のオリジナルグッズ「第3弾! GSオリジナル・シープスキングローブ」が大好評を頂いております。
厳選した最高級羊革素材に独自の特殊加工を施すことにより極上のフィット感を達成。従来の天然皮革グローブに比べ、高いグリップ力と耐久性を合わせ持つキャブレッタレザーグローブです。

●素材: キャブレッタ・シープスキン(最高級羊革) AAグレード
●サイズ: 21,22,23,24,25cm(左手用 ※右利き用のみ)

> 2年定期購読お申し込みでもれなくプレゼント!!
> 単品・[お得な]セット販売も開始致しました!!

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

ユーザー登録

最新号 Vol.95 10月5日発売!!

Golf Style(ゴルフスタイル) Vol.95 2017.11号

PGAツアー・チャンピオンズが日本にやって来た!! 53名の達人が選んだCLUBたち


ゴルフスタイル:Facebookページ

PremiumShop商品カテゴリー

メーカーサイトリンク

AKIRA Aloha Standard
ASAHI GOLF UST Mamiya
DUNLOP FootJoy
Fourteen Fujikura
GRAPHITE DESIGN MITSUBISHI RAYON
OLYMPIC ONOFF
PRGR SYB
Titleist TOUR STRIKER
HUMP BACK LONGIRON